超ド級のメイプルストーリー完全新規育成指南書④。

どうも、おはこんばんちは。

今回はこちらの続きです。

前回の話をまとめると

★――理由

①イベント配布のレベルドーピング剤が141レベル以上からしか使えない。

②最終候補装備の前段となるフェンサリル系装備の着用レベルが140レベル。

③竜虎伝という強い装備(勲章)を貰えるクエストが140レベル開始。

④ヴェラッド装備を入手するための前提クエスト発生が135レベル。

⑤十字旅団という呪文の痕跡の最終大量入手経路クエストを進行しやすいレベル。

⑥序盤金策の要であるデイリーボスを開始するための前提クエスト解禁。――★

と①~⑥項目(ただし⑥はおまけ程度ですが)があるため141レベルを目指しましょうという内容でした。

期間限定イベントの参加資格である101レベルよりは重要度は低いですが、これからもメイプルを遊んでいく上で切っても切れない要素が多いのがこのレベルです。コツコツ遊ぶゲームと実感させられること請け合いですが、張り切っていきましょう。

というわけで101レベルから141レベルまでの狩場をご紹介して、最速で141レベルを目指してもらいます。

といっても、ここはリプレでブラッドハーピーをそのまま狩っていきたいです。

110レベルくらいまでは十分美味しく狩れますし、装備の強化状況があまり良くなければ115までは楽々引っ張って狩れます。

地形も多段とはいえ足場が広くメルを拾いやすいのもポイントが高めです。

問題は次ですね。

目標としてはルディブリアム→時計塔最下層→タナトス(スタフォ28星地域)を狩りに行きたいです。

スタフォを強化する部位は指南書③で紹介したボスアクセサリーセットのうち、顔飾り(凝縮された力の結晶石:10星)、目飾り(アクアティックレター目飾り:8星)、指輪(シルバーブロッサムリング:10星)の3つを強化できるとベストです。

なお、この時点でアクセサリー類を買う時、捨て値で売られているのをうまく見つけられなかった場合はリス港口へ向かいましょう。

(もしくはスタフォ強化で失敗が続きすぎてメルが枯渇してしまった場合等)

リス港口(港口)の防具屋には全職業が装備可能な超初級装備が売っています。

※代表的な全職装備可能な革帽子(茶)です。

これらのうち現状スタフォ強化が追いついていない部位を買い痕跡強化→スタフォ強化をして補いましょう。強化費用はびっくりするくらい安いですが、強化による火力の補強は雀の涙なので完全にスタフォ値を稼ぐためにやります。

一番のメリットは、今後サブキャラクターを育てていくときの初期装備として少しだけ下駄をはかせることができる点で、使い回しが効くというところですね。

UGを埋める書についてはララ用にINTでさらに100%強化で十分です。

これでもまだ足りない場合は、現在手元にあるドロップ武器を強化したり、少し余分にブラッドハーピーで狩りをしてメルを拾いましょう。

なお、タナトスに必要な28星はそれほど苦労することなく満たせると思います。

※このタナトスも言わずと知れた高効率狩場なので、育成イベント時などは狩場が埋まってしまっている可能性が高いです。

その時は時計塔最下層のレベルが近い敵Mobを狩って行けばOKです。

はい。というわけでタナトスは122レベルの敵Mobですが、なんなら135レベルくらいまでは狩っても良いと思います。

経験値2倍バフなどを使える環境であればスタフォを強化するためにかかった時間の方が長くなるなんてこともある地域ですので、そんなに意気込まずにゆるっと狩場巡りでもしながらレベリングを楽しみましょう。

目標はエルナス→閉鉱→ファイアブル(スタフォ55星地域)です。

タナトスで130レベルまで引っ張ってレベリングしてあれば、メイプルガイドから【試練の洞窟2】へ飛べるのでそこから右ポータルで行けます。

また、エルナスの冒険者三次転職管(冒険家職業を遊んでいるとお世話になる)に話しかけることでジャクムMAPに飛ぶことができ、そこから左ポータルを1つ潜ったところが目標の狩場になります。

※ボスガイドのジャクムから飛んでも、ポータルを潜って移動しようとしても飛んでくる前にいたMAPに戻るだけなので注意。

ただ、この目標であるスタフォ55星地域は、超ド級の初心者からすると一番最初に躓く関門だと思います。

ここまでくると現状ではメイプルオークションで背伸びした装備を買って、痕跡強化して、スタフォになります。ボスアクセサリーセット系を軒並み揃える(ほとんどの装備が交換不可――使い回せない――で、最終的には換装し直さないといけないほぼ完全に使い捨て)かバフやユニオン効果などの火力上昇で無理やり押し通るか。

そういったパワーレベリングをすれば瞬く間にレベルが上がる地域です。

ただし、そういったパワーレベリングができないからこその関門。

もっとも辛いのは、130レベル代でメルや痕跡を消費して育てるべき装備というのはとても数が限られているのと、その強化にかかる費用がすごく高くなるところです。

全職業が装備できるような低レベル装備では最大スタフォ値が低すぎて55星にまで到達できないですし、ボスアクセサリー系装備は環境の整わないうちは強化費用が高くてすぐに使える状態まで育てるのが困難だったりします。

それ以外の最終装備はそもそもレベルが足りていないので使えませんしね。

なので、スタフォ55星を準備できないという方におすすめなのが下記になります。

またまたルディブリアムから、右下の下町という地域です。

(なお、左下の地球防衛本部という地域も165レベルくらいから行ける超有能な狩場があったりしますが、等倍の火力で狩りをするためにはスタフォが140星必要になります)

ここは130レベルになっていればメイプルガイドから一発で飛べますし、なんなら120レベルくらいから徒歩で来るのもありだと思います。(観光気分が~)

ここの何が良いかというと、上記MAPの【下町:カラス山の入口】下に青文字で賞金首と書かれていると思いますが、これはいわゆる受託可能なクエストがあるというサインになります。

このクエストの【賞金首】は指定の敵Mob(今回の場合はそのクエストを受けたMAPにいる敵Mob)を指定の数倒すとクリアになる簡単なもので、クリア時にメルが貰える点にあります。

意外とまとまった金額をくれるので、最序盤で不足しがちなメルを補いながらレベリングができるのが最大の強みです。

さらにレベルごとに奥に進んで行くことができます。

クエスト自体はたぶんこれで全部です。

また【下町:山奥の廃屋】より先に黄鬼が出ますので、そこで狩りをしていれば141レベルになることができます。

ここであればスタフォ値は必要ありませんし、地形もそんなに悪いわけではないので比較的狩りやすいと思います。(ただし、古いMAPなので相応の効率の悪さが付いて回ります)

管理人は高速レベリングに疲れてしまった時などに遊びに来たりしていました。

なお、余談ですが、この下町は【アクアリウム】という特殊MAPからも徒歩で来ることができます。

※右下の下町>>というやつですね。

この【アクアリウム】はかなり特殊なMAPで、海中という設定が付与されています。

行ってみればその挙動の違いに驚くことでしょう。今ではほとんど行く必要のなくなってしまった地域なので行ったことがない人も多いかもしれませんが、気分転換にもってこいの場所です。

動かしにくさが逆に新鮮! なんて思えるかもしれませんね。

はい、というわけで141レベルまでの狩場のご紹介でした。

いわゆる高効率狩場を優先しても狩場が余り埋まらない【ゆかり】サーバーなので、管理人は気にしたことがありませんが、もし【かえで】サーバーで遊び始めたのであればちょっと趣向を変えた狩場に行ってみるとそれはそれで面白い思い出になるかもしれませんので、ぜひお試しください。

さて、またまた長くなってしまったので今回はここまでとします。

また次回の記事にて。

スポンサーリンク

コメント コメントを追加

思いのたけを走り書き。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください