進撃のミクロソリウム。

その日、陰性水草は思い出した。有茎草に支配された水槽だということを。人の手によって活着させられていたという屈辱を。解き放たれた未活着、浮遊ミクロソリウム。我々陰性水草がなぜ活着するか知ってたか?有茎草に奪われない急流で繁…