21日、22日はブログの更新がお休みになるかもしれません。


どうも、おはこんばんちは。

21日の夜勤が明けたら、東京に帰ります。

というのも、去年の12月17日に生まれた管理人の子どもの1ヶ月検診があるためです。

里帰り出産した奥さんは今は東京の実家で赤ちゃんと生活しています。

そのため、検診も東京でということです。


生まれてからまだ2回しか会えていないので、とても寂しい日々を過ごしています。

ただ、東京に帰るにもお金がかかりますし、休みのたびに戻っていると自分自身の体調管理なども含めて難しくなるので、折り合いをつけるしかないですね。


今はまだ写真を簡単に撮って、簡単に送ることができるのでよう方かもしれませんね。


奥さんが出産した日、三が日、抱っこしてきましたがそれだけでも重くなり成長を感じました。

今回はさらに成長していることでしょう。


それがまた寂しさを募らせます。


おっとなんかしめっぽい雰囲気になってしまうので、今回はここまでとします。

余裕があれば記事が更新されているかもしれませんが、更新できるにしてもスマホからになるので短い記事かと思います。


さて、今回はここまでとします。
また次回の記事にて。
スポンサーリンク

コメント コメントを追加

  1. アクア初心者 より:

    いつも楽しく拝見しています。
    以前のブログで水槽のお悩み相談をさせて頂いた者です。

    ご家族と遠距離な状況、お察しします。

    私は札幌に所帯を持っていますが、出張?という名目の下、10年間の東京暮らしを経験しました。
    出張なので、当時月2回は週末に帰れたのですが、10年の月日は長いものがありました。
    それでも子供はすくすく成長し、動画を送ってもらったり、FaceTimeで会話するなど、工夫しながら過ごしてきました。
    今、5年ほど地元で仕事ができていますが、東京へ行き来したきた頃よりも、密度は薄くなってしまっている気がします。
    たまに帰ると、その時間は家族にとって凝縮された時間となるので、たくさんの事をします。
    ところが人間…慣れてしまうもので、いつも一緒だとそのありがたさを忘れてしまいがちです。
    10年離れた経験を以てしても、この有様なので、人間、つくづくわがままな生き物だなぁと感じます。
    ※私だけかもしれませんが…笑

    既にご家族と過ごされているのかもしれませんが、昔を思い出し投稿させて頂きました。
    今後も記事の更新を楽しみにしております。

    1. 管理人 より:

      コメントありがとうございます!
      アクア初心者さんのご経験された10年間とは比べようもありませんが、家族が離れて暮らすとはまさに現代社会の弊害の一つだと思っています。
      なるほど、確かに時間的な密度でいえばそうなるのかもしれないですね。
      一緒に暮らす、離れて暮らす、それぞれいろいろな生き方があるかと思いますが、現在はご一緒に生活されているようで、慣れることでの弊害も確かに分かるかもしれません。
      現在はまだ1人暮らし状態で、もう少ししたら帰ってくる予定になっております。
      楽しみ半面、いきなりの子育て生活スタートになるので良い意味で慣れない様に、家族の大切さをかみ締めて生活していければと思います!

思いのたけを走り書き。